新年のご挨拶

新春のお喜びを申し上げます。

旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年も會員一同、活動にしっかりと取り組んで参りますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。

2018年1月  宇高連絡船愛好會  副會長  垣内 健太郎・森本 敬介


スポンサーサイト

JR宮島航路

今年もあと少し、日増しに寒くなっていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
廿日市市に行く用事があったため、少し足を延ばして宮島航路に久しぶりに行ってみました!

DSC_1008.jpg 
写真が横長のため、クリックしないと一部しか見えませんが乗り場前です。
あいにく雨が降っていました…


Miyazimamaru.png

みやじま丸で宮島へ…


Miyazimagutieki.png 
宮島口駅前です。
短い宮島での滞在を終えて戻ってくると、天気のせいかもう薄暗くなっていました。
一週間後は大みそか。
おそらく、初詣や初日の出を見にたくさんの人が宮島を訪れるのでしょうね。





 

青函連絡船講演会を傍聴して来ました

昨日、青函連絡船に関する講演会を傍聴して来ました。
史料の収集、研究は素晴らしかったです。

しかし、鉄道連絡船を知らない人が増えている中、「日本の鉄道連絡船」をどのように語り継いでいくかを考えなくてはいけません。

告知も弱く、客層もファン中心なのが残念です。

本會も他人事ではなく、厳しい現実を見つめないといけません。

青函・宇高とも来年で廃止30周年の節目、ここがターニングポイントかもしれません。

取材ありました

去る4月10日、毎日放送様から取材がありました。
「ちちんぷいぷい」という番組で、14日放送でした。
事前報告NGだった為、簡単ではございますが、御報告させて頂きました。

「ななうら丸」新旧交代


宇高の話ではありませんが、お隣の宮島航路で「ななうら丸」の新旧交代がありましたので乗船して来ました。
「鉄道連絡船」の定義からすると、宮島航路は微妙な位置付けですが、宇高航路を語る上では外せない所もあり、また国鉄最後の建造船でもあったので、活動記録としました。


旧船の最終便、新船の初便に乗船した為、式典は放置でしたが、特に大きな混乱もなく、無事に旧「ななうら丸」は使命を全うしました。
宮島口に係留された後ろ姿は、不思議と安堵感が漂っていたので、安心して帰宅出来ました。
プロフィール

宇高連絡船愛好會

Author:宇高連絡船愛好會
宇高連絡船愛好會について
 本會は現在メンバー20名平均30歳代から成り立っており、岡山県玉野市を拠点に活動しています。私達は「鉄道連絡船」を「時代の流れ」として片付けるのではなく、連絡船の果たした役割を後生に残して行くという目的から様々な活動をしています。

活動内容:資料収集・研究・展示・連絡船発着岸壁(バース)の保存・模型の制作・ホームページの作成

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード