模型の解体

昨日、宇野の産業振興ビル内にある宇野駅構内の模型を解体しました。
unosan.jpg
接岸していた連絡船を撤去し、桟橋施設を順番に解体しています。
unosanb.jpg
1時期の宇野駅構内を彷彿させるような、とても淋しい状態になってしまいました。
このあと、ケースの修繕を行い、本會の手によって、昭和45年風に作り替えるようになります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

更地になったジオラマを見ると寂しいものがありますね…。万世橋で展示されていた由緒あるものだけに、時代考証面の細かい点を置くとしても残念であります。

No title

解体作業に入りましたね。
旧模型もお疲れ様でした。
プロフィール

宇高連絡船愛好會

Author:宇高連絡船愛好會
宇高連絡船愛好會について
 本會は現在メンバー20名平均30歳代から成り立っており、岡山県玉野市を拠点に活動しています。私達は「鉄道連絡船」を「時代の流れ」として片付けるのではなく、連絡船の果たした役割を後生に残して行くという目的から様々な活動をしています。

活動内容:資料収集・研究・展示・連絡船発着岸壁(バース)の保存・模型の制作・ホームページの作成

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード