スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青函航路船長の講演会に行ってきました。

記録部長です。本日岡山市中区にある市立富山公民館において元青函航路船長の講演会があるとの情報提供があり、参加して参りました。
IMG_2590.jpg

この行事は富山公民館の恒例行事である「富山いきいき教室」の行事として行われたもので、これまで地域の、特にお年寄りを対象にいきいきと生活して貰うという趣旨で行っている行事ですが、これまで健康に関する事や各種学問、各分野の専門家による人生経験等を講演して貰っていたそうですが、現館長の片岡克巳氏が乗り物関係に関心があるということで、これまでにも元全日空機長経験者に来て頂いて講演をして貰ったら好評だったということで、第2弾として船舶をやろうということになり、個人的に新居浜で展示されていた羊蹄丸を訪れた際に、今回講演頂いた牧野氏に講師を依頼したということでした。これまで特定の地域の行事である為、大々的に告知はしてこなかったそうですが、今回NPO法人
RACDAのM氏からの口添えも有り、うちの會の掲示板に情報提供して頂いたということで、この書き込みが無ければ完全に見逃していました。本当に感謝します。
IMG_2596.jpg

で、今回講師をして頂いた牧野博行氏ですが、香川県出身で愛媛県に所在する弓削商船高専を卒業後、民間の大阪商船(現在の商船三井)で8年間ほど外航船に乗務。昭和44年に国鉄入社し、以後青函航路一筋で連絡船に関わり、最終職は「十和田丸」船長でした。


講話内容としては、鉄道連絡船に関する基本的な説明を主に青函航路を例に取って説明。洞爺丸台風に関する話、そして牧野氏の乗務された「十和田丸」は津軽丸型の中で一番新しい事やフィンスタビライザ-を装備していた事から、宇高航路の「讃岐丸」同様に周遊観光船に使われる事も多かったので、その際のこぼれ話をして頂きました。IMG_2592.jpg

IMG_2594.jpg
まあ、どちらかと言えば一般人向けの内容でしたが、そこそこ濃い話も聞けよかったと思います。
個人的に牧野氏と私は新居浜の「羊蹄丸」船上で共にボランティアガイドとその補助支援をしてましたので、久々の再会となり、帰りのバスの中では近況報告と、また近いうちに飲みましょうと話して、岡山駅で私は特急「しおかぜ」、牧野氏は「マリンライナ-」で四国へ帰投しました。

本当に情報提供頂きました片岡館長及び、RACDAのM氏には再度お礼申し上げます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

興味深い講演会だったようですね。
機会があれば、どんなお話だったのか教えてください!
プロフィール

宇高連絡船愛好會

Author:宇高連絡船愛好會
宇高連絡船愛好會について
 本會は現在メンバー20名平均30歳代から成り立っており、岡山県玉野市を拠点に活動しています。私達は「鉄道連絡船」を「時代の流れ」として片付けるのではなく、連絡船の果たした役割を後生に残して行くという目的から様々な活動をしています。

活動内容:資料収集・研究・展示・連絡船発着岸壁(バース)の保存・模型の制作・ホームページの作成

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。