スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青函連絡船講演会を傍聴して来ました

昨日、青函連絡船に関する講演会を傍聴して来ました。
史料の収集、研究は素晴らしかったです。

しかし、鉄道連絡船を知らない人が増えている中、「日本の鉄道連絡船」をどのように語り継いでいくかを考えなくてはいけません。

告知も弱く、客層もファン中心なのが残念です。

本會も他人事ではなく、厳しい現実を見つめないといけません。

青函・宇高とも来年で廃止30周年の節目、ここがターニングポイントかもしれません。

「第一しょうどしま丸」と「〇〇丸」…。

こんにちは。

暑さ寒さも彼岸まで…、と言いますが、いかがお過ごしですか?。



先日、高松港で「とさ丸」と言うタグボートに出会いました!。




そして、夢の競演も…。



「ぱしふぃっくびいなす」の出港のお手伝いに来ていた様です。




今日も、とてもいい一日でした。

ありがとう…。

高速艇に乗りました。

先日、「サンオリーブシー」に乗船して来ました。

高松港と小豆島の草壁港を結んでいる高速艇です。


海面が、すごく近かったです!。

場所によっては、波の感じも伝わって来ましたが、快適な船旅でした。


(草壁港には初めて行ったのですが、とても感慨深かったです…。)


「サンオリーブシー」、残念ながら、今月いっぱいで運休するそうです…。


双胴型の個性的な船でした。

好きな景色…。

おはようございます。


皆さんはフェリーに乗られた時、どの様に過ごされていますか?。

私は、展望デッキでぼーっと、景色を眺めるのが好きです。

中でも、直島水道の景色が、とても好きです。

川の様に狭い所を、フェリーが通って行きます。

かなり、迫力があって、船長さんを始め、船員さんてカッコいいなぁ~と、改めて思う瞬間でもあります。


高松港を出港して、40分から45分の辺りになります。

おしゃべりをしたり、うどんを食べたり、横になったり…、客室で思い思いの時間を過ごせるのも、船の魅力の一つだと思います。


あ、それと…。

この季節、展望デッキで過ごされる時は、万全な日焼け対策をオススメします…。

こまめな水分補給も、お忘れなく!!。

取材ありました

去る4月10日、毎日放送様から取材がありました。
「ちちんぷいぷい」という番組で、14日放送でした。
事前報告NGだった為、簡単ではございますが、御報告させて頂きました。
プロフィール

宇高連絡船愛好會

Author:宇高連絡船愛好會
宇高連絡船愛好會について
 本會は現在メンバー20名平均30歳代から成り立っており、岡山県玉野市を拠点に活動しています。私達は「鉄道連絡船」を「時代の流れ」として片付けるのではなく、連絡船の果たした役割を後生に残して行くという目的から様々な活動をしています。

活動内容:資料収集・研究・展示・連絡船発着岸壁(バース)の保存・模型の制作・ホームページの作成

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。