「ななうら丸」新旧交代


宇高の話ではありませんが、お隣の宮島航路で「ななうら丸」の新旧交代がありましたので乗船して来ました。
「鉄道連絡船」の定義からすると、宮島航路は微妙な位置付けですが、宇高航路を語る上では外せない所もあり、また国鉄最後の建造船でもあったので、活動記録としました。


旧船の最終便、新船の初便に乗船した為、式典は放置でしたが、特に大きな混乱もなく、無事に旧「ななうら丸」は使命を全うしました。
宮島口に係留された後ろ姿は、不思議と安堵感が漂っていたので、安心して帰宅出来ました。

宮島連絡船に乗船

先週末、JR宮島連絡船に乗船してきました。
狙いは11月に引退予定の「ななうら丸」。原則的に多客ダイヤでしか運航されていないので、週末に行ってきました。
既に、宮島側には新「ななうら丸」が停泊しており、就航を待つばかり。
この船が就航すると、国内には国鉄建造の現役船がいなくなります。
宮島航路でも双頭船化が進んでおり、大きな時代の変化を感じました。DSC_0805.jpg

夏期定例會(速報)

8月20日、平成28年の夏期定例會を開催しました。

会議は會の活動の確認と反省を主に行いました。
立体資料や會の運営について話し合いました。

4~5月の関門海峡

4月と5月の船ネタを少し

早朝に"飛鳥Ⅱ"・"ナッチャンWorld"
昼間に"おがさわら丸"の公試とネタの多かった月でした

2016-04-10_KNM_77_s.jpg
早朝の関門海峡

2016-04-10_KNM_78_s.jpg


続きを読む

宇野線に愛称が付きます。

今週3/26のダイヤ改正により、

宇野線に「宇野みなと線」という愛称が付きます。

また、今季より宇野線に普段ワンマン列車で走っている213系を改装した

観光列車 「ラ・マル・ド・ボァ  ~ラ・マルせとうち~」が4/9より運行します。

宇野へお越しの際は第二バース跡と産業振興ビルの常設展示もお忘れなく


プロフィール

宇高連絡船愛好會

Author:宇高連絡船愛好會
宇高連絡船愛好會について
 本會は現在メンバー20名平均30歳代から成り立っており、岡山県玉野市を拠点に活動しています。私達は「鉄道連絡船」を「時代の流れ」として片付けるのではなく、連絡船の果たした役割を後生に残して行くという目的から様々な活動をしています。

活動内容:資料収集・研究・展示・連絡船発着岸壁(バース)の保存・模型の制作・ホームページの作成

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード